★音楽別館(チャイニーズポップPV集)★             

 [旧皇室邸宅の四合院旅館 ] の全記事リスト

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

★旧皇室邸宅の四合院旅館リスト 

      「北京侶松園賓館」

住所:北京市東城区寛街板場胡同22号

℡:010-6404-0436

紹介:清朝皇室大将軍「僧格林沁」の邸宅、清の政権に貢献大きい人物でもあり、国民に愛された一人の政治家でもある。170年もの歴史を持つ北京伝統の「四合院」建築です。一ヶ月前予約しておいた方が無難です。

写真:




        「竹園賓館」

住所:北京市西城区旧鼓楼大街小石橋胡同24号

℡:6403-2229 ファックス:6401-2633

HPアドレス:http://www.bbgh.com.cn/(日本語あり)

紹介:清時代の官僚郵政大臣盛宣懐邸宅、民国時期は民政大臣馬漢三邸、新中国時期は国家名誉主席董必武邸、文化大革命時期は康生邸といった歴史上数々の有名人に気に入られたお屋敷であす。敷地内には、レストランやカフェ、バーなども完備。

写真:







        「好園賓館」

住所:北京市東城区史家胡同53号

℡:010-6512-5557

HPアドレス:http://www.haoyuanhotel.com/index.htm
(中国語)

紹介:明朝大臣「史可法」の邸宅、今まで数多く要人も旧居をしていた四合院です。四季を感じられるお庭がすばらしい、ずっと使っていた井戸も残って、雰囲気は最高です。

写真:




         「和敬府賓館」

住所: 北京市東城区張自忠路(平安大街東側)7号

℡:010-6401-9807

紹介:清朝乾隆帝の第三王女、「和敬公主(1731-1792)」の屋敷跡である和敬公主府。(公主とはお姫様の意味)、民国時代、段祺瑞の臨時執政府があった当時は、陸軍部として使用されていたとか。現在一部は、中信証券という会社のオフィスになっていて、敷地内の一番奥にホテルがあります。緑の庭に囲まれた
正殿。ホテルはその奥に 新しく建てられたので、客 室も清潔で機能的。伝統的な中国式邸宅の雰囲気と現 代的住居空間。両方味わえるのが魅力だ。北京重要文化財である。

写真:




       「北京四合賓館」

住所:北京市東城区東四南大街灯草胡同5号

℡:010-5169-3555

HPアドレス:http://www.sihehotel.com/(英語)

紹介:北京昔の暮らしを感じさせられる古典的なホテルです。藝術巨匠の「梅蘭芳」をはじめ、国民党将軍「廖耀香」など著名人の旧居でした。

写真:







        「新紅資客桟」

住所:北京市東城区東四六条9号

℡:8401-8886(予約対応)

紹介:おしゃれレストランとして紹介した「新紅資」の敷地内にある旅館です、小さな庭を囲んで客室は5室だけという、隠れ家的存在のプチホテル。上品で優雅な室内は、50~60年代の北京
を彷彿とさせる。ベッド、バスルーム、雑貨…どれを取っても洗練された雰囲気。地下にある洞窟バーやレストランも、インテリアに中国モチーフをキッチュにあしらい、遊び心が感じられる。こだわりのインテリアは、特に女性に評判が高い。

写真:


 

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。