★音楽別館(チャイニーズポップPV集)★             

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

★[長征計画]アートプロジェクトの本部ギャラリー 

「二万五千里文化伝播中心」
 住所:朝陽区酒仙橋路4号
TEL:010-6438-7107
HP:http://www.longmarchspace.com/(英語あり)
 紹介:
2002年にスタートした「ロングマーチ」アートプロジェクト。
 毛沢東と紅軍が、かつて国民党の攻撃から逃げるために、
江西省瑞金から延安まで25000里(1.25万キロ)行軍した史実になぞらえて、
「長征計画」はその道のりをパフォーマンス、絵画、造型といった様々なアート活動を行ないながら歩みを進めていく、第一弾は50人の外国人を含む250人のアーティストが参加することになったそうです、
これらの活動本部になっているのは、この「二万五千里文化伝播中心」である。


写真
 

★自己紹介 

毛沢東の追悼に行ってた人。
                                1976年天安門広場にて

★光良さんに会った。 

去年のある機会で光良さんに会いました、声と同じ様な和やかな方でした、シャメ撮っちゃった↓↓↓↓↓


応援ヨロシク!

★日本AV女優?中国政府ポスターに! 



中国の蘇州で開かれる第二回「全世界健康連盟大会」という政府行事のポスターに、可愛らしいナースが大きいな注射器を持っている写真が採用されることで、問題になっている。政府衛生局によると、委託した広告制作会社は、ネット上でナースの写真素材を募集して作ったものらしい。かなり巨大な街頭ポスターになっていて、スローガンは「白衣天使、健康衛士、全世界の憧れ(?)」、、しかし、、、、
すぐさま、日本AVファン?たちに指摘され、
写真の人物は日本のAV女優→葵みのりだそうです!原物はこれ↓



当局はすぐにポスターをはずしてくれましたが、、、もう遅い~~ ↓  ↓

av3.jpg
av4.jpg

1.中国人のネット依存度の高さを現れた、安易に何でもネット上でやるから怖い。

2.ポルノー厳しい中国では日本AVの人気ぶりも浮かび上がったのである。

3.政府から制作業界の著作権意識の薄さに驚きだ!プロ達すらこの常識レベルだと、

     普通の人なおさら、著作権しらんよ~~海賊の王国を消滅するのは、気が遠くなるような話だね。

4.笑っちゃう~~

 

★無性婚姻 

wuxingren.jpg

先天的もしくは身体能力の衰退、ストレス、精神的ショックなど、あらゆる原因で、性には必要としていない人々がいる。 近頃中国も、性行為を行わないこと前提に結婚する、いわゆる「無性結婚」が話題になって、静かに成長を見せている。
インタネット上「無性婚姻網」http://www.wx920.com/ からはじめ、数多くの交流サイトが存在する、各省にも次々と「無性婚姻紹介所」が現れて、人気上々のようだ。急速な経済発展に伴って、特に都会では、「無性婚」だけじゃなく、自分の環境に合った婚姻制度を求めようと、旧式婚姻観念を破ろうとしている。

★譲ったら負け!! 

中国鄭州で開かれたある企業説明会に卒業生3万人殺到し、会場が戦場に化けてしまいました。結局、エスカレータがこのあり様だ!人口大国の中国はこれからの就職はますます厳しくなるだろう。 2006112012137151.jpg



84.jpg

★花より男子~男体盛り~ 

mori1.jpg日本文化として中国に伝わっていたのは「女体盛り」だったのですが、四川省重慶に「帥哥盛り」がお誕生になった.名前の通り、女性客専用の「イケメン盛り」というわけだ。中国女~~~強い!

mori2.jpg

★故宮のスタバ「中国文化踏みにじる」 

中国の明・清両王朝の宮殿で世界文化遺産でもある北京の故宮紫禁城)の中で営業している米スターバックス・コーヒーのチェーン店が、「中国の伝統文化を踏みにじっている」として、撤去を求める声が強まっている。一方で「国際水準のサービスの提供も必要」との慎重意見も出ている。 PS.中国の経済成長と国際化が急激に進む中、いくら国際化とはいえ、スタバーが「紫禁城に進出」はないじゃないかな~~~変な例え:イギリスのバッキンガム宮殿、日本の皇居などなど、アメリカのファーストフード的なコーヒーショップは絶対入らないと思う、なぜならば、先進国、国際化の国になればなるほど、自分の伝統文化を大切にするからだと思う、中国はまだ少し時間かかるようです、バブルが過ぎるごろには分かってくれれば、、、祈る


kokyuu.jpg starbar.jpg

★YouTubeのパックリ! 

中国版YouTubeはいっぱいあるけど、その中、一番創造力ないものはこれ、完全にパックってる!その名も「yoqoo」うん、、如何なもんか。。。
 http://www.yoqoo.com/

yoo_s.jpg

★女優の性的裏取引! 

zhangyu.jpg2006年無名女優(張ユー)は中国芸能界に衝撃を与え、9月に有名監督制作関係者ら3人を相手にして、猥褻および約束守れないという名目で告訴した。それが2006年の流行語にもなっている「潜規則」、体で裏取引し、役をもらう性スキャンダルである。彼女の敗訴に終わったけど、芸能界引退覚悟で、ネットで法廷に提出しなかった、今までの猥褻行為をうなずけれるビデオ映像と録音テープを公表した。芸能界に大きな波紋を起すことになった。ビデオ映像が多数YouTubeに掲載していたが、不思議に今はすっかり消えてしまった、これも中国のIT事情のかもしれない。それ後の彼女と言えば、ある意味「一躍有名」になった、新作映画の宣伝キャラクターにつとめたり、自主制作の映画も進行中などなどご活躍しているそうだ、中国は本当に何でもありだな~~
映画の主役が宣伝キャラクターは彼女と聞いて、出席拒否したそうだ.
これは映画の記者会見↓↓

★中国版 mixi 見つけた! 

すごい!流石コピー大国である!mixiと瓜ふたつのサイト発見!
(中国縁life365)しかもデザイン、色使いから、機能まで殆ど一緒です、招待されたい方いるかもね、、声をかけて下されば招待しますよ~~~(笑)

mixi_s.jpg

★中国Gカープ巨乳タレント第1号!? 

g1.jpg中国芸能界一の巨乳タレントだそうな。 重慶市で行われたミス・ユニバースの予選に現れたこの子。 中国ブログ界で人気が高い「G妹児(ジーメイアル)」という子だそうな。

g2.jpg




まだまだタレント性に見えないげと、でも中国もそろそろ巨乳市場が開く?イェローキャップみたいな会社も現れるかな?

g3.jpg
g4.jpg

★レズビアンサイト「花開的地方」閉鎖 

resubin.jpg今年1月1日付で上海のレズビアンサイト「花開的地方(花開くところ)」が閉鎖されました(公告)。  以前から閉鎖は予告されており、心配する声もあがっていたのですが‥‥(voice「花開網站需要您的関注」女権在線サイト)。  閉鎖した事情はよくわかりません。  「花開的地方」サイトは2002年1月1日に開設され、以下のことをした最初のサイトであるとうたっていました.
▲中国大陸で最初のすべて女性がテーマのネットラジオ。
▲国内で最初のレズビアンのネット商店(のちに「花開女性ネット店」として、花開ブランドを創始)。
▲最初の「レズビアンの声[語音]の生の[現場]競売活動」がネット上の販売に新紀元を開く。
▲国内のレズビアンサイトで、初めて花開携帯画像を発信。
▲国内で最初にレズビアンの特色を持った宣伝Tシャツを作成。 (http://www.lescn.net/help.asp[2005年10月5日access])  またネット誌(花開網刊)も刊行しており、貴重な情報を伝えていました。  2004年末には上海に1088clubというバーを開設し、拠点にしました(こちらのサイトは存続しています)。  単なるレズビアンの交流の場ではなく、中国各地や外国のレズビアンをめぐる活動や情報を伝え、レズビアンの権利擁護の主張を掲載するなど社会的な活動をしていました。  現在、社会性を持ったレズビアンサイトは他にもいくつかありますが(北京拉拉沙龍、阿拉島など)、惜しまれます。
なお、中国におけるレズビアングループの活動の歴史については、He Xiaopei“Chinese Queer(Tongzhi) Women Organizing in the 1990s”Chinesn Women Organizing: Cadres, Feminists, muslims, queers. (ed.Hsiung, Ping-Chun; Jaschock, Maria; Milwertz, Cecilia), Berg publishers, 2000に詳しいです。

★中国の最先端アート「798工場」 



1950年代以降、旧ソ連、旧東ドイツへ向けた軍事機器や半導体の生産拠点であった国営工場が建ちならぶこの地区は、北京中心部から北東へ車で30分程度の場所に位置している。近年の需要の変化から、工場の多くは、閉鎖され空きスペースとなっていた。2002年頃からギャラリーやアトリエとして再利用されはじめ、工場番号798であったことから現在では「798芸術区」と呼ばれる巨大な芸術地区へと生まれ変わっている。
かつての広いスペースを持つ工場は芸術品の展示ホールになり、壁に書かれたスローガン「毛主席万歳」の赤い字が鮮やかのまま、事務所はアートや建築学専門書店(現在北京でもっとも品ぞろえの良い店らしい)、作業場はバー、現代カフェーになり、
現在も日本や欧米の著名なギャラリーが次々と参入し、いたるところで改修工事が行なわれ、アジア芸術発信の中心拠点として、世界的に認知されるスポットとなっている。この地区の建物はおもに、コンクリートとレンガで造られており、9メートルの天井高をもつヴォールト屋根が連続する。天井には毛沢東のスローガンが、工場が稼動していた当時のまま残っており、日本では見ることのできない巨大なギャラリーや、ロフトを増築したカフェや店鋪など、さまざまなリノベーションの事例が見られる。

相関サイト(公式):

http://www.798.net.cn/

http://www.bj798arts.com/

全文を読む*我要看全文

★中国ネット上の「紅色貴族」 

名前:毒薬 年齢:25歳 イギリス名門芸術大学在学中、世界何十ヶ国周遊してるそうで、高級ブラントばかり持っていて、まさに中華セレブ! 中国ネット上に現れたアイドル的な存在の男の子。個人ブログは驚異なアクセス数を持ち、日記のコメントはあっという間に5000件超えるスーパースターなみの人気ぶりだが、崇拝と反対している若者だちの間に、論争が広げているようだ、格好よくて、金持ち、芸術気質充満といった、庶民の憧れ、理想そのもの。一方、毒薬の真実を突き止めようとしている人もいる、結論から言うと、毒薬は中国共産党某某元老の孫さんであること、人民のお金で海外セレブ留学、贅沢三昧、周遊世界、本人実は何にもできない、恥知らずの「紅色貴族」ですぎない、 という二つの観点にわかれた。興味がある方ブログをのぞいて見ては....

http://lwhanz1981530.spaces.live.com/PersonalSpace.aspx?_c=duyao_s.jpg

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。